2019年11月13日

左手が痛いバナナムリです

  
( `ー´)ノ (・_・;)
夕食に脳硬塞で下半身不自由な方々へバナナが提供されました。みなさんの行動を確認し、
今は左手が動きません。当然、バナナの皮は剥けません。

動く右手のみで皮を剥く方法を考えました。
口にくわえて手で折り曲げるか、鉄スプーンと箸を刺して工夫するかでした。
そこで、私は唯一使える右手でバナナを持ち、テーブルかどににバナナを突き刺しました。すると、端が潰れて剥けるきっかけを作ることに成功しました。次に、バナナをテーブルの角に思いっきりぶつけてみました。半分にちぎれて、半分はどこかに飛んでいきました。でも、これしか食べる方法がありませんでした。人は困ったときに、可能な方法をチャレンジすることが分かりました。これがチャレンジ校のイメージかもしれません。もっと美味しくいただく方法が良いです。そのためには、左手を動かすしかないです。リハビリ頑張ります。バナナ食べられるように。



読んで下さいましてありがとう。
以下のバナークリック

本日の夕食に脳梗塞で

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい